放置すると病気になる

真っ直ぐ生えなかった

本来は、親知らずは真っ直ぐ生えてきます。
しかし人によっては斜めに生え、すると歯を磨きにくくなる弊害が起こります。
歯を磨かないと汚れが溜まり、虫歯や歯周病といった病気になり、大きな痛みを感じるというわけです。
虫歯や歯周病や歯周病にならないように、親知らずが生えても口内を綺麗に磨くことを意識してください。

斜めに生えた場合は、大きな歯ブラシだと磨きにくいかもしれません。
小さいサイズの歯ブラシなら斜めに生えた親知らずにも届くので、それを使ってください。
普段から丁寧に歯を磨くことで、病気を予防できます。
ですが注意していても磨き残しがあり、病気になってしまうものです。
その時は我慢せず、すぐ歯医者に相談しましょう。

初期状態のうちに治療する

あまり知られていませんが、虫歯は感染します。
親知らずが虫歯になると、その周囲の歯も虫歯になるリスクがあるので早めに治療しなければいけません。
親知らずの前には、第二大臼歯という歯があります。
第二大臼歯と親知らずが触れている部分は特に磨くにくく、虫歯ができやすい位置だと思ってください。

口内に虫歯が広がったら大変なので、少し痛みや異変を感じただけでも歯医者に行くことをおすすめします。
初期症状の段階で虫歯を見つけることができれば、痛みの少ない治療になります。
また何本も歯が虫歯になると、全てを治療し終わるまで長い時間が掛かってしまいます。
親知らずが1本だけ虫歯になっているだけなら、数回通院するだけで終了するでしょう。